スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『変愛サイケデリック』読了

05 01, 2011
変愛サイケデリック (電撃文庫 ま)変愛サイケデリック (電撃文庫 ま)
(2011/04/08)
間宮 夏生

商品詳細を見る


<STORY>
「ストレンジサイケデリコ」こと彩家亭理子は、その名の通り千光高校きっての有名な変人であり、変わった愛情を持った者が集まる「変恋部」の部長である。そんな変人マスターが「愛しいね」と目をつけたのは、春になると死にたがると噂のクール系男子・神宇知悠仁だった。理子は悠仁の言動が「変愛」に関係しているとにらみ、興味を持つのだが…。『月光』と同じ世界を舞台に新たな登場人物が紡ぎ出す異色の青春“変愛”物語。

<IMPRESSION>
「言っとくけど褒めてないからな」
「千光のジョン・マクレーンと呼んでくれたまえ」
「だから褒めてないから」


以前読んだ「月光」の作者、間宮先生の新作です。なお世界観は月光とリンクしています。

***

「変愛」という物語のテーマは面白かった。けど、最後まで「このキャラが好き!」って言えるようなキャラがいなかったのが残念。魅力がないわけじゃないんだけどね…。

そして前作の月光と比べると、続きが気になる要素が少なかった。
終盤の伊庵と佐那のやりとりは正直蛇足だと思う。この場面は無いほうが綺麗に終われたんじゃないかな。
あと挿絵がちょっと…、悪い言い方になるけど手抜きっぽいかも。白いです。表紙と見開きは凄くいいんだけどね。

比べたら悪いけど、月光より見劣る点がいくつか。とりあえずは次回作に期待ですねー。

スポンサーサイト

『涼宮ハルヒの消失』読了

04 18, 2011
涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)
(2004/07)
谷川 流

商品詳細を見る


<STORY>
「涼宮ハルヒ?それ誰?」って、国木田よ、そう思いたくなる気持ちは解らんでもないが、そんなに真顔で言うことはないだろう。だが他のやつらもハルヒなんか最初からいなかったような口ぶりだ。混乱する俺に追い打ちをかけるようにニコニコ笑顔で教室に現れた女は、俺を殺そうとし、消失したはずの委員長・朝倉涼子だった!どうやら俺はちっとも笑えない状況におかれてしまったらしいな。大人気シリーズ第4巻、驚愕のスタート。

<IMPRESSION>
めちゃめちゃ面白かった。映画見てから原作、の流れだから新鮮味とかはそんなになかったけど、それでも面白い。映画では省かれてたシーンが読めて満足。特にみくるの所は結構重要っぽい。

今回の事象を引き起こした「犯人」が明かされるシーン。映画を先に見てなかったら、たぶん自分は古泉が犯人だと思ってたんだろうなー…。冷静に考えると「それはねーよ」ってなるけど。でもこの「犯人」は予測できなかったと思う。予想外だった。

***

それにしても、「キョンがもしもEnterキーを押さなかったら」とかを考えるとわくわくが止まらない!
たぶん、ただのキョンと長門のイチャイチャ学生ライフを綴る内容になるんだろうな…。それもそれで面白そうと思ったのは俺だけじゃないはずだ、うん。

『涼宮ハルヒの退屈』読了

04 04, 2011
涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)
(2003/12)
谷川 流

商品詳細を見る

<STORY>
ハルヒと出会ってから俺はすっかり忘れた言葉だが、あいつの辞書にはいまだに“退屈”という文字が光り輝いているようだ。その証拠に俺たちSOS団はハルヒの号令のもと、草野球チームを結成し、七夕祭りに一喜一憂、失踪者の捜索に熱中したかと思えば、わざわざ孤島に出向いて殺人事件に巻き込まれてみたりして。まったく、どれだけ暴れればあいつの気が済むのか想像したくもないね…。非日常系学園ストーリー、天下御免の第3巻。

<IMPRESSION>
退屈? いえいえとんでもない。タイトルと反比例して面白かったです。
笹の葉ラプソディと孤島症候群が特にお気に入り。やっぱ自分はミステリ的展開が好きなんだなと再確認。この二つのエピソードはアニメでもかなり好きだったし。

***

今回で初めて朝比奈さんが未来人っぽい(いや未来人なんだけど)行動に出ましたね。未来の朝比奈さんが出てきたことはあったけど、現在の彼女がタイムトラベルなんていういかにもな事をしてくれたので新鮮でした。

それにしても、未来の朝比奈さんが何故あんな事をキョンに言ったのか引っ掛かる…。
「仲良くしないで」って意味深ですよね。未来でなんかあったんでしょうけど。うーん、こういうタイムパラドックス的な話はやりだしたらキリがないので、やめとこうorz

***

ていうか、巻が進むごとに長門への好感度がうなぎ上りなんですが…次回は「消失」だし。
もう長門がヒロインでいいんじゃ(ry

『涼宮ハルヒの溜息』読了

04 04, 2011
涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)
(2003/09)
谷川 流

商品詳細を見る

<STORY>
季節は文化祭のシーズン。ありきたりな"お祭り"では飽き足りない涼宮ハルヒはSOS団の面々を使いまくり、自主映画の制作を開始する。当然のごとく、ハルヒの暴走はとどまることをしらず……。超話題作の第2弾!!

<IMPRESSION>
アニメから入ったので、そこまで驚く展開もなく少し退屈だったかも。それほどアニメが原作に忠実ということでしょう。キョンの語りは読んでて愉快ですが、ときどき心の声なのか実際に喋っているのかややこしくなるのが難点かも。

総括。ハルヒに多少イライラ。キョンと朝比奈さんは普通。古泉と長門のキャラは読めば読むほど好きになります。

『新約 とある魔術の禁書目録』読了

03 09, 2011
新約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫)新約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫)
(2011/03/10)
鎌池和馬

商品詳細を見る


<STORY>
ローマ正教の暗部『神の右席』最後の一人、フィアンマがロシアから起こした第三次世界大戦は、上条当麻の活躍により終結した。彼の、消失と共に。ここは上条当麻が存在しない世界。魔術サイドは再編・改善がすすみ、信徒たちには安息の日々が訪れていた。科学サイド総本山の学園都市では、最強の超能力者・一方通行(アクセラレータ)が、『闇』と手を切り、打ち止め(ラストオーダー)や番外個体(ミサカワースト)と共に騒がしくも穏やかな日常を過ごしていた。そこには『グループ』の影も無い。元スキルアウトの無能力者・浜面仕上は、ロシアで手に入れた『闇』との交渉材料を懐に、絹旗、滝壺、そして帰ってきた麦野と共に新生『アイテム』を結成、活動を再開する。闇からの『卒業生』たちは、平穏を手に入れたのだ。――凶悪な『新入生』が、彼らの前に現れるまでは。

<IMPRESSION>
「ヒーローにゃあ向いてねェな、クソガキ」
「始末書と減給で人の命を助けられるなら安いもんだ」
「単に、俺は気付いただけだ。こいつは自分の手でやらなくちゃならねぇって事をな」
「久しぶり」


ナンバリングが一新された期待の「新約禁書」第1巻です。昨日いつもの書店でフラゲしてきました。
まだ読んでない人にはかなりネタバレなので注意。

***

今回は全編に渡って「科学サイド」の話で、15、19巻のような印象。
前巻で長かった「神の右席編」と共に第三次世界大戦が終わりを告げ、そこから帰ってきた2人の主人公、一方通行と浜面仕上の騒がしくも平穏な日常が描かれます。前半は。

後半からはまさに「科学全開」の展開が続き、描かれるのは駆動鎧と駆動鎧、人間と駆動鎧の死闘。
出てくる駆動鎧のスペックは今回も容赦せず超インフレしまくり。「荒地の上で時速1000キロオーバー」て。「ガトリングレールガン」て。読者としてはもう「よくわからんけどすげぇ」としか言いようがないぜ。

「えっ、おいおいどこにメインヒロインいんの?」って感じですが、ちゃんと登場しているのでご安心を。1ページくらいですが。果たして、新約2巻は魔術中心の話になるのかな。

***

そして終盤、396ページ。驚愕した。

そこからの最後の10ページは、いろんな意味で予想外。案外あっさり戻ってきたな、とは確かに思う。
バードウェイについては、正直全然覚えてない…。禁書読み直そうかな。

***

あと春上さん、カラー絵にて禁書初登場おめ! 超電磁砲の最新コミックスにも出てたけど、スピンオフオリキャラだから、佐天さんと同じような扱いで本編には出ないんでしょうか。

***

さて、今までバラバラだった3人の主人公たち、「上条当麻」「一方通行」「浜面仕上」が一同に介する…だと…。これは次巻に期待せざるを得ないですよ。
次回は戻ってきた彼に対し、インデックスや美琴がどんなリアクションを取るのかが個人的に超楽しみです。泣いて怒って電撃飛ばしながら抱きついてくる、なんてのが見れたりするんでしょうか。

2巻発売は5月の可能性は無いので、早ければ6月、遅くても7月かな? 今から楽しみすぎる…!

『涼宮ハルヒの憂鬱』読了

03 09, 2011
涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
(2003/06)
谷川 流

商品詳細を見る


<STORY>
「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」。入学早々、ぶっ飛んだ挨拶をかましてくれた涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし…と誰でも思うよな。俺も思ったよ。だけどハルヒは心の底から真剣だったんだ。それに気づいたときには俺の日常は、もうすでに超常になっていた―。第8回スニーカー大賞大賞受賞作。

<IMPRESSION>
「ただの人間には興味ありま(ry」

もうここは説明不要ですよね。今更感がスゴイですがハルヒを読みました。今頃かよとか言わないで。

***

アニメから入ったのでハラハラドキドキ感はありませんでしたが、そのぶん改めて、アニメが原作に忠実に作られていたんだなぁと実感しました。原作読んだら、原作>アニメに変わったけど。
キョンの、句読点を極力使わないような長い長い語りが全然飽きないのがスゴイ。個人的にこういう書き方は嫌いじゃないけど、合わない人は合わないんだろうなぁ。

4年ぶりの新巻である「驚愕」が5月に出るまでに「分裂」まで読みきりたい。

***

ああそういえばいつだったか、この作品を知りもしないのに「ライトノベルなんて」って馬鹿にしてた時があったなぁ。あの時の自分を呪い殺したい。

手を出してもいないのに無責任な意見言うのはよくないですよねー。「とらドラ!」が管理人が初めてライトノベルというジャンルに手を出した作品ですが、あのとき買ってホント良かった。買わないで後悔するより百倍マシ。

『月光』読了

03 05, 2011
月光 (電撃文庫)月光 (電撃文庫)
(2010/09/10)
間宮 夏生

商品詳細を見る


<STORY>
退屈な日常から抜け出したいと思いながら毎日を過ごすシニカル男子・野々村。ある日、彼は美人で成績優秀、ゴシップが絶えない謎多きクラスのアイドル・月森葉子のノートを拾う。そんなアイドルのノートからはみ出した紙切れには彼女のイメージとは程遠い言葉―「殺しのレシピ」という見出しが書かれていた。思わず持ち帰ってしまった彼は翌日、月森に探し物がないかと尋ねるが、彼女からは「いいえ」という返事。そして数日後、彼女の父親が事故死する…。第16回電撃小説大賞最終選考作、ついに登場。

<IMPRESSION>
「それじゃあさ、例えばの話なんだけどさ――」
「――完全犯罪を成立させることが可能な計画書が存在したなら君はどうする?」


今回は第16回電撃小説大賞最終選考作、「月光」を読みました。
ライトノベルというジャンルでミステリ系のものは読んだことが無かったので、そこが新鮮でしたね。

***

物語は主人公の視点で進んでいきます。そしてこの主人公、説明のとおり”シニカル男子”です。
なんだか読んでいるうちに、デスノートの夜神月と重なるような…そんな感じでした。うん、シニカル。

ちゃんとミステリしてましたよ。読後感が凄く良かった。暫く余韻に浸ってました。

***

「ライトノベルに向いているのかどうか中途半端な位置にいる作品」というのが、読み終わった後の印象。
ライトノベル的ありがちな描写、物語の中で人が死ぬというミステリ的要素。どちらの要素も混在した世界観がとても気に入りました。なんか凄くツボだったなぁ…こういうのも大好き。

最終選考作とのことですが、受賞しなかったことが不思議なくらいです。良いミステリです、おすすめ。
来月に出るこの作者の新作、「変愛サイケデリック」も買う。絶対買う!

『灰村キヨタカ画集特典SS』読了

03 03, 2011
灰村キヨタカ画集 rainbow spectrum:colors灰村キヨタカ画集 rainbow spectrum:colors
(2011/02/28)
灰村キヨタカ

商品詳細を見る


<STORY>
電撃文庫『とある魔術の禁書目録』(著/鎌池和馬)(1)~(13)挿絵、文庫未収録ビジュアル、各種ラフスケッチ、『pixiv』で描かれた『禁書目録』カット。富士見ファンタジア文庫『スプライトシュピーゲル』(著/冲方丁)(1)挿絵、富士見書房『ドラゴンマガジン』掲載の『シュピーゲル』カット、各種ラフスケッチ。GA文庫『メイド刑事』(著/早見裕司)(1)~(4)挿絵、各種ラフスケッチ。商業各媒体にて掲載したオリジナルカット。鎌池和馬書きおろし『禁書目録』短編小説。

<IMPRESSION>
禁書の絵師、はいむらーの画集です。ニュースサイトで情報を見ていくうちに欲しくなっちゃったので、超電磁砲のついでに買っちゃいました(ついでって価格じゃないですけどねorz)。

画集についてはこちらを参照。

***

特典SSは、学園都市統括理事会のブレイン、雲川芹亜を主軸とする「ラブレター争奪戦」

いや、SSでのかまちーの書き方っていつもこうなんでしょうか? なんというか……かなりはっちゃけてましたw
初めて特典でのSSを読んだので、禁書や超電磁砲のDVD/BDに付いてくるSSもこんな感じなのかなぁと思いました。ますます読みたくなったよ畜生…

しかし最後の雲川の台詞が非常に意味深です。
”記憶が無くなる前の上条刀麻と雲川に、何かがあった”。そう思わせる言い方です。

まだまだ謎ばかりですが、今回で少しだけ、雲川芹亜がどんなキャラなのか窺い知ることができたと思います。これからどんな風に物語に絡んでくるんでしょうねー。

『変態王子と笑わない猫。』2巻読了

03 03, 2011
変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)
(2011/01/21)
さがら 総

商品詳細を見る


<STORY>
夏が終わる。十六歳のたった一度きりの夏が。いったいぼくは何をして過ごした というのだろう?大いに焦る横寺陽人は、今日も今日とて空回り。月子に振られ、小豆に振られ、ポン太に振られ――自宅までも消滅した!なんで?どうして?どういうこと!?雷雨のなかにひとり、なにもかも喪って、どこに行くあてすらもない。「それなら先輩。今夜は、わたしの家に泊まるですか」「あ、うん。うん?」……夏の終わりの台風日和。最後の最後に、最高のホームランイベントが待っていた! 風呂場の裸。縛られる布団。落ちる手錠。破られる衣服。そして――土蔵に潜む猫?早くも人気沸騰の爽やか系変態青春ラブコメ第二弾!

<IMPRESSION>
「すでに裏庭に墓穴を掘っている。この雨だ、今日中に始末すれば、優秀な警察犬とて匂いの追跡は難しかろう」
「そんな具体的な話だったの!?」


爽やか系変態青春ラブコメ(?)第2巻です。今回は前回より、主人公の変態成分は少なかったかな?

***

今回は筒隠姉の出番多いですね。筒隠は1巻の時より可愛い。表紙なのに小豆は出番ちょっと少なめかも。まあ作者のあとがきによると、3巻は小豆メインの話になるらしいので期待です。

もともとジャケ買いだった作品ですが、さすがは新人賞”最優秀賞”をとった作者なだけあります。「あ、そうえいば新人なんだっけ」と忘れさせるほどでした。
さりげなく都条例への風刺ネタが入ってたのは笑えましたw

前半は正直ダレてました。そろそろ朴念仁な主人公には辟易してるのかもしれないですね。「んーやっぱ主人公が好きになれないなぁ」とか云々思ってましたが、後半からは箍がはずれたように面白くなったので、次巻も買おうと思います。本編後のカントクさんのカバーラフ絵にも満足。

***

変態王子を1巻2巻と読んだ方は、ケータイで見れる「0話」も見ることをオススメしますよー。面白いです。カントクさんの絵を見に行くだけでも価値あるので是非。
管理人はそう重要にも思ってなかったので、危うくスルーするところでしたが…。あぶねぇあぶねぇ。

『さくら荘のペットな彼女』4巻読了

02 25, 2011
さくら荘のペットな彼女(4) (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女(4) (電撃文庫)
(2010/12/10)
鴨志田 一

商品詳細を見る


<STORY>
いよいよ待ちに待った文化祭が始まった。水着のミスコンにB級グルメ食べ歩きに…もしかしたらましろと一緒に回っちゃったりなんかも!?楽しいこと盛りだくさんのはずだったのに、なぜだか俺は、問題児の集まり『さくら荘』で、寮のメンバーとゲームを作っていた。そう、美咲先輩の一言で始まったゲーム『銀河猫にゃぼろん』の制作が大詰めを迎えていたのだ。文化祭も後半、俺たちの作品はどんな評価を受けるのか!?変態と天才と凡人が織りなす青春学園のラブコメ、絶好調の第4弾!文化祭のあとは、さらに『さくら荘』をクリスマスが待ち受けます。

<IMPRESSION>
「帰ってこなかったらケッコンだよ!」
「俺はお前の育て方を大きく間違えてしまったようだ…すまん妹よ」


季節が秋、冬と移り変わった「さくら荘のペットな彼女」第4巻です。前半は文化祭、後半はクリスマスの話。

***

前回、「にゃぼろん」の制作に取り掛かったところで終わったので、最初からクライマックスでした。ていうか、全員48時間以上寝てないとか、さくら荘の住人やばすぎ。
作り終わってすぐに会場に向かうところは燃えました。美咲が事故起こすと思ったらそんなことはなかった。

***

正直今回は、「お前らとっとと付き合えよ!」と言いたくなるような展開が多かったです。いや、これはこの作品だけに言えることじゃないんですが。なんかもう見ててウズウズしてきます。

空太が、ましろ自身は気付いてない彼女の気持ちに気付いたわけですが…どうなるんだろ。
それにしても、青山もはっきりしないところがあるし…うう、とにかく悶々とさせられます。

プロフィール

kouhei

Author:kouhei
【性別】:男
【趣味】:読書とか読書とか
【部活】:卓球部
【特徴】:寝起きが悪い、花粉症

マイペースな、たぶん普通の学生。
禁書大好き。
ホラーが大の苦手。
最近は小説書くのが楽しい。

ブログのタイトルがしつこく変わる、優柔不断なこの性格をどうにかしてほしかったりヽ(´・д・`)ノ

<好きな作家さん>
東野圭吾/伊坂幸太郎/山田悠介/海堂尊/鎌池和馬/平坂読/杉井光/鴨志田一/谷川流/間宮夏生

Twitter
カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
小説家になろう
読書メーター
kouheiさんの読書メーター
最近読んだ本です
kouheiの最近読んだ本
今読んでる本です
kouheiの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
38156位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
546位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。