スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012

03 23, 2010
2012theend (1)

<STORY>
2009年、トップクラスの科学者のチームは、地球が間もなく滅亡に向かっているという事実をつかんでいた。2012年までにできるだけ多くの人類を救出するようにと世界各国のリーダーからの要請を受けていたが、人類すべてが救出されるのは不可能だということは明白な事実だった。ジャクソン・カーティスが子供2人とイエローストーンに旅行中、偶然干し上がった湖底に建てられた巨大なリサーチ施設を発見する。そして政府が隠蔽している、「世界が滅亡へ向かっている」という秘密を知ってしまう。ジャクソンは自分の家族、自分自身の身を守る為に必死で生き残る術を模索しはじめるが、大地震、火山の噴火、津波など次々と恐ろしい天災が地球を襲ってくる…。

<IMPRESSION>
ずっと見たかった2012。ようやくレンタル開始されてたので借りてきました。

とりあえずこの映画を一言で表すなら、「映像がスゴイ」。これに尽きます。
今まで色々と映像が綺麗な映画を見ましたが、この映画はその中でもトップ。飛びぬけて凄いです。
自分的に一番の見所は、最初にカリフォルニアが崩れ去る所。マグニチュード10以上の大地震の中、車、そして飛行機で主人公たちが逃げます。ここまで映像でハラハラさせられたのは初めて。

でも、ストーリーはちょっとイマイチだったかも。
ラストで思ったんですが、「えっ倫理的にこれってどうなの?」と。深くは突っ込みませんが。。。

二時間半と結構長い超大作ですが、ノーカットで見ることをオススメします!



スポンサーサイト

サマーウォーズ

03 15, 2010
summer_wars.jpg

<STORY>
仮想空間が浸透した近未来。内気な高校生・健二は憧れの先輩・夏希に頼まれ、彼女の実家を訪れる。個性的な家族の面々に振り回される中、健二は謎の数字が書かれたメールを受信し…。

<IMPRESSION>
「時かけ」より面白かった・・・かも?

はい、今回はサマーウォーズを見ました。劇場で見ようかなーとgdgd思っているうちに放映が終わってしまって、ずっと楽しみにしてました。そんで、TSUTAYAでレンタルが始まっていたので早速借りた。

「主人公が、憧れの先輩の実家を訪れる」んですが、そこでの家族との駆け引きが最高に面白かった。個人的に、この作品の最大の見所はそこだと思う。主人公の意外な得意分野にも驚いた。つか、文字を書くスピードがおかしいw
キャラの中では・・・キングカズマが一番かっこよかったかなぁ。誰かは見れば分かります。

あ、あと声優が芸能人とかでちょっと心配してたけど、俺は全然気になりませんでした。
それにしても、見終わって、スッキリする映画です。とりあえず一回は見ることを薦める。



96時間

03 08, 2010
taken.jpg

<STORY>
18歳のアメリカ人少女キムが、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐された。偶然にもその事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父親ブライアンは、命よりも大切な娘を襲った悪夢のような出来事に、ずたずたに胸を引き裂かれる思いを味わう。しかし、政府の元工作員として幾多の修羅場を潜り抜けてきた彼は、冷静さを失ってはいなかった。追跡可能なタイムリミットは96時間。異国の極悪犯罪組織に娘を奪われた父親は、自らの手で奪還すべく迷わず闇の世界へ飛び込んでいった。

<IMPRESSION>
要するに、渋いオッサンがさらわれた娘を助けるべく犯罪組織をぶっ飛ばすっつー話です。

TVで流れてたCMが気に入ってたので、これは前々から見たかった映画なんですよ。
期待通り、というか予想以上に面白かったです。

前半は、主人公の親バカぶりを前面に出した感じで、なんとも平和。中盤から後半にかけてはアクションしか無いといっても過言ではないくらい。息もつかせぬとはこのことっすね。つーか、このオッサンかっこよすぎだろ・・・ww
ラストは一つ気になったことがあるんですが、突っ込んだら負けなんですかね。

続編製作が決定しているらしいので、益々期待が高まります。



ごくせん the movie

02 12, 2010
yankumi.jpg

<STORY>
型破りな熱血教師ヤンクミの活躍を描いた、仲間由紀恵主演の人気TVドラマシリーズの劇場版。新学期を迎えた赤銅学院高校に、かつてのヤンクミの教え子、小田切竜が教育実習生としてやって来た。自分と同じ道を選んだことに感激するヤンクミだが…。

<IMPRESSION>
親が借りてきてたので、一応ドラマは一通り見てたこともあって、折角だから見ました。

相変わらずヤンクミのチート並のケンカっぷりが最早マンネリに・・・。「だがそれがいい!」って感じもしたけどw
それと、亀梨を久しぶりに見たなぁ。あとは、昔のメンバーが揃いぶみで同窓会的な感じで、結構面白かった。



ノウイング

01 09, 2010
knowing.jpg

<STORY>
子供が持ち帰ったタイムカプセルに収められていた1枚の紙。そこに羅列された数字に興味を持ったジョンは、やがて奇妙な事実に行き当たる。

<IMPRESSION>
”後半を除けば”、かなり面白い作品でしたよ。
物語の前半と中盤までは、予言のことが次々と明らかになっていく様子や、飛行機の墜落シーンのCGのリアルさなど、見所満載と言っても過言ではない出来だったのですが・・・。

ラスト20分前ぐらいからテンション撃沈・・・。
物語の大きな謎の部分が明かされるのですが、「え?この手法使うの反則じゃね?」って感じでした。それと同時、「ああ、一番最初のあの会話は、これのためのフラグだったわけだ・・・」と。
これは「NEXT」と似たような感覚だったw
そしてラストは、なんだかキリスト教を意識したような終わり方でした。アダムとイブを連想したなぁ。

それにしても、ニコラス・ケイジって本当にこういうB級映画に出演するの大好きですよね。
当の本人は、現在借金でいろいろと大変みたいですけど。



トランスフォーマー -リベンジ-

12 21, 2009
transformersrevengeofthefallen.jpg

<STORY>
トランスフォーマーの生命の根源である「キューブ」を巡り、オートボットとの壮絶な死闘の末に敗北した邪悪なディセプティコン。しかし、戦いは終わっていなかった…。
あれから2年、ガールフレンドのミカエラから遠く離れて大学生活を送るサム。ある日、当時身につけていた服に残っていたキューブの破片に触れたことから、奇妙な“サイン”が見えるようになる。それは、古代ピラミッドに秘められた、ある恐るべき暗号を示していた。一方その頃、絶滅したはずのディセプティコンの生き残りが、無数の仲間を率いて世界各地に侵入を始めるのだった…。

<IMPRESSION>
前作よりも、格段に面白かったっすよ。
CGの凄さは前回に引き続き、言うまでも無い。DVDで見てもとても綺麗な映像だった。これがBlu-rayだったらもっと凄そう。

アクションシーンが、かなり前作より増えてる。とんでもなくバカでかいディセプティコンが出てきたりと、終始ハラハラ。
アクション以外での見所も、主人公のサムが前より強気になってるところや、サムの両親の大学での暴走劇など、笑える場面もたくさんあり、とてもとても面白かった。



G.I.ジョー

12 13, 2009
gijoe.jpg

<STORY>
ハイテク兵器を装備した最強チーム“G.I.ジョー”が、世界各国を舞台に壮大なバトルを繰り広げるノンストップ・アクション。あらゆる金属を食い尽くす化学物質“ナノマイト”が邪悪なテロ組織“コブラ”に強奪された。その輸送任務に就いていた兵士のデュークとリップコードは、最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”に入隊して、コブラとの対決に臨むのだが…。

<IMPRESSION>
いかにも”ハリウッド”な作品だった。いやホントに”ハリウッド”。一言で表すなら・・・”ハリウッド”だ。
というのも、バトルと爆発のシーンが凄く多い。勿論CGも多用されてるけど、本物もかなり使ってる。
しまいには、エッフェル塔までブッ壊してるから凄いw

あんまり興味無かった作品だったけど、普通に楽しめました。あと、ラストに伏線あったから、絶対続編(2)があると思う。
因みに主題歌担当の「Black Eyed Peas」の曲が凄くいい。

42インチのプラズマテレビで見ると、流石にDVD画質は汚く見える・・・。そろそろBlu-ray Discにしたいなぁ。



ハリーポッターと謎のプリンス

12 06, 2009
harrypotterandthehalf blood prince

<STORY>
間界にまで広がり始めた闇の帝王・ヴォルデモートの脅威に対し、ダンブルドア校長はハリーをヴォルデモートとの最終決戦に送り出す決意を固める。

<IMPRESSION>
CMでもバンバン「歴代最高記録達成」「シリーズ最高傑作」とか言ってたのに、どうしたハリポタ。
正直、シリーズ6作の中でも面白くなかった分野に入る。

今回は、ヴォルデモートの過去の出来事や、セブルス・スネイプの衝撃の真実、一人のメインキャラの”死”など、これまでの物語の中でもかなり重要な位置づけだと思う。でも、イマイチ迫力に欠けた。

次の作品「ハリーポッターと死の秘宝」は前後二部作になるらしいけど、最高のラストになることを期待。



MW -ムウ-

11 17, 2009
mwtadukaosamu.jpg

<STORY>
16年前、ある島の住民全員が一夜にして消えた。その事実は日本政府によって隠蔽され、島に関するすべての記録は闇に葬られた。しかし、そこには神の悪戯によって生き延びた2人の少年がいた。やがて2人の片方は神父へ、もう片方は美しきモンスターへと成長した。賀来裕太郎は神父となって、迷える人々を救済する日々を送っていた。少年時代の凄惨な経験と向き合い、克服しようともがきながら。一方、結城美智雄は、島を滅ぼした事件の謎を追い続け、背後に蠢く巨悪と対峙するため、闇へと堕ちた。エリート外資銀行員は表の顔。その天才的頭脳と類まれなる美貌、危うい魅で、自らの運命を狂わせた惨劇の報復を重ねていく。

<IMPRESSION>
記念すべき、ブログを初めてからの100作目の映画は、MW。結構面白かったですよ。

友達から「まあまあだったよ」と言われていたけど、その通り。「まあまあ」でした。
序盤のアクションシーンとかは高評価。演技も素晴らしい。
ただ一つ気に入らない点を挙げるとすれば、結城の目的が定かでないこと。目的がキッチリと定まってればもっとOK。

総合的にみて、とても面白かったですけどね。あと、ラストがなんだか続編への伏線みたいだった。
因みに曲が凄くいい。



17 again

11 17, 2009
17again.jpg

<STORY>
マイク・オドネルは、人生をリセットしたいと願っている37歳。ひょんなことから不思議な現象に巻き込まれ、人生を軌道修正するチャンスを手に入れる。肉体だけ17歳に若返ったマイクは、かつて通っていたハイスクールで、再び、学生生活を送ることになる。昔と同じようにバスケットボール部で華々しく活躍し、セクシーな魅力全開!ところが、同じ学校には自分の娘と息子も通っていて…。

<IMPRESSION>
想像以上に面白かったです。

昔の学校で出会ったおっさんに、17歳の体に変えられ、高校生活をやり直すという物語。
若返った主人公と、その親友との会話が面白くて仕方ない。

ラストは、スッキリする終わり方です。

http://wwws.warnerbros.co.jp/17again/

プロフィール

kouhei

Author:kouhei
【性別】:男
【趣味】:読書とか読書とか
【部活】:卓球部
【特徴】:寝起きが悪い、花粉症

マイペースな、たぶん普通の学生。
禁書大好き。
ホラーが大の苦手。
最近は小説書くのが楽しい。

ブログのタイトルがしつこく変わる、優柔不断なこの性格をどうにかしてほしかったりヽ(´・д・`)ノ

<好きな作家さん>
東野圭吾/伊坂幸太郎/山田悠介/海堂尊/鎌池和馬/平坂読/杉井光/鴨志田一/谷川流/間宮夏生

Twitter
カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
小説家になろう
読書メーター
kouheiさんの読書メーター
最近読んだ本です
kouheiの最近読んだ本
今読んでる本です
kouheiの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
22268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
258位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。